借金で困らないように

借金をする前に知っておくべきことがあります!

借金はしないですむのであればそれが一番良いのですが、長い人生の中で一度や二度はどーしても借金をしなければならないという状況が訪れるかもしれません。その時に借金に対する知識を知っているか知らないかでは後々の生活が大きく変わってくるかもしれません。借金というものは一度借りると人によっては何度でも借りてしまい、借金を返すためにまた借金を繰り返し最終的には借金で首が回らないという状況に陥ることも容易に予想できます。そうならないためにも借金に対する最低限の知識を知っておくことが重要になってきます。

 

借金にも時効があります。

お金を借り入れる場合、気をつけなければならない点は複数あります。まずは、借り入れる金額を決めることです。どのくらい必要なのかを明確にしなければなりません。できるだけ手持ちのお金で済ませるようにして、借り入れる金額を少なくすることがポイントです。借金は、元本だけでなく、利息も支払わなければなりません。借り入れる金額が少なければ、利息の支払いも少なくすることができます。

借金で困る男性

 

借金をする場合、次に大切なのは返済期日の問題です。いつまでに返済するのかを把握していれば、返済のシミュレーションがしやすくなります。十分な返済シミュレーションをした上で、借り入れをするのです。毎月の返済金額を正確に計算して、計画的に返済していくことが大切です。そして、できるだけ早く全ての借金を返済するように努力しなければなりません。返済期日が近づくと、何らかの事情で、返済を滞らせてしまう危険があります。

 

借金には、一般的な商取引などと同じように、時効の定めがあります。これは、借りている側というよりも、貸している側が気をつけるべき点ですが、借金についての時効が成立した場合は、借り手は返済する義務から解放されることになります。時効が完成してしまうと、返済を求めることができなくなってしまうので、成立する日時を、契約する時点で正しく把握しておかなければなりません。

 

とはいえ、借金は貸し手と借り手との信頼関係によって成立するものです。確実に返済することが大切です。

 

借金では借用書が重要です。

個人間でのお金の貸し借りは、できるだけ避けた方が望ましいと言えます。お金の貸し借りをすると、さまざまなトラブルにつながりかねないためです。とはいえ、時には借金をしなければならない場面も出てくるものです。その場合は、トラブルを避けるために、気をつけておくべき点があります。

 

最も大切なことは、借金の具体的な内容を記録した借用書を用意することです。借金の事実を明確にしておくことで、たいていのトラブルは回避することが可能なのです。後になって、いくら貸したのか、いつまでに返済しなければならないのか、といった点で問題になる場合が多いので、借用書を作成して、そのような内容をきちんと定めておくのです。

 

借用書を作成したら、貸し手と借り手との間で、内容をきちんと吟味します。そして、内容に誤りが無いことを確認し、両者の署名・捺印を行います。作成した日付も重要な事項なので、漏らさず記録するようにしなければなりません。

 

借金というのは、貸し手と借り手の信頼関係に基づいて成立するものです。返済期日までに余裕があったとしても、返済することが可能になった場合は、話し合いの上で返済するようにするべきです。お互いが納得できる形で返済を進めていくことが、トラブルを未然に回避するためのポイントになるのです。

 

借金によってこじれた人間関係というのは、元通りに戻すことはほとんど不可能です。大切な人間関係を、お金の問題で壊すことは残念なことです。きちんと返済をしなければなりません。

 

借金で返済が滞ると差し押さえがあります。

生活をしていく中で、どうしても手持ちのお金だけでは足りなくなってしまい、やむを得ず借金をする場合があります。金融機関から借り入れる場合、申し込みの際に厳しい審査が行われるため、簡単には認めてもらえないものです。また、借金をした場合、元本だけではなく、所定の利率で計算した金利も支払う義務が発生するので、必要な金額以上に借り入れることは避けなければなりません。どのくらいの金額が必要なのかを明確に計算して、必要最低限の借金にとどめることが大切です。

 

お金を借り入れる場合は、さまざまな点に注意する必要があります。まずは利率です。利率によって、返済するべき総額を計算して、返済のシミュレーションをしなければなりません。そして、いつまでに返済すればよいのかという返済期日についての定めです。返済期日から逆算して、生活費をどれくらい切り詰めるべきなのか、などを考えるのです。

 

借金をしたら、借り手にはきちんと返済する義務が発生するわけですが、何らかの事情によって返済が滞ってしまう場合があります。そうなると、土地・建物などといった所有している財産の差し押さえが行われることになります。差し押さえが行われると、その財産を自由に使用することができなくなり、競売などの手続きによって処分されます。その後の生活にも大きな影響が出てくるので、借金で借り入れたお金は、きちんと返済期日までに返済するようにしなければなりません。

 

アルバイトで生活している人が借金をする方法

アルバイトしかしていないフリーターや高齢者は、キャッシングやカードローンを使って、借金をすることはできないと考えてしまいます。たしかに審査に通らなかったりすることもあり、借金をすることができない場合もあるでしょう。しかし、大手の銀行や消費者金融のキャッシングやカードローンなどの商品のなかには、会社勤めをせずに、アルバイトでしか生計を立てていない、フリーターや高齢者でも借金をすることができる商品もあります。

 

フリーターや高齢者がどうしてもお金が必要になった場合には、こうしたキャッシングやカードローンを利用して借金をすると良いでしょう。会社勤めをしているサラリーマンやOLと同じように、大手の銀行や消費者金融を利用することができます。

 

アルバイトで生計を立てているフリーターや高齢者が利用するときには、自分で気を付けなければいけないことがあります。フリーターや高齢者は、いつ仕事がなくなってしまうかわからない不安定な立場です。ですから、借金をする金額はできるだけ少なくして、給料をもらったらすぐに返済できるだけの額を借りるようにしなければいけません。

 

また、金融業者のなかには、不安定な立場を利用して甘い言葉で囁いてくる業者もあります。そうした言葉に騙されないことも大切です。騙されて借金をしてしまうと、あとで大変なことになるかもしれません。信頼のできない金融業者を利用するよりは、大手の銀行や消費者金融を利用したほうが安心です。