借金ありでのクレジットカード作成

トップページ > 借金がある場合のクレジットカード作成

借金があっても確かにクレジットカードは作れるのですが

借金をしていても、クレジットカードは作れるでしょうか。もちろん申し込むことはできます。しかし、審査の際には個人の信用情報をもとに行われますので、個人情報で他社からの借入額があまりにも多かったり、返済が遅れたりしているのがわかると、カードを利用した分の返済が難しいとみなされて、審査で落ちることもあります。

 

また、借金を返済できなくなって債務整理をした場合は、一定期間クレジットカードを作ることはできません。これはそのような方法で整理をするかにもよりますが、任意整理の場合は5年程度、自己破産の場合は7年程度は、カードの申し込みができません。ですから、債務整理を行う場合には、その辺りもよく考えるようにしてください。

 

例外的に、債務整理から数年ほどで作れるカードもあります。特に流通系といって、スーパーや量販店などで発行しているカードや、外資系のカードは審査基準が緩いため、債務整理後も定収入があるような場合には作ることが可能です。しかし、カードを使ったり、ローンを組んだりするということは、いわば借金をしているということでもあるわけですから、借金があってクレジットカードを作りたい場合には、まず借金をきちんと清算してから作ることをお勧めします。

 

1度お金を借りたり、あるいはローンを組むことに慣れてしまうと、どうしても借金依存体質になりがちですので、まずきちんと返済計画を立てて、完済してから申し込むようにするといいのではないでしょうか。