借金整理に有効な債務整理

トップページ > 債務整理の特徴

借金整理に有効な債務整理と特徴とは

借金漬けの人生をリセットしたい人に用意された法的手段が、いわゆる債務整理です。借金の整理手段として一般的によく知られている自己破産も、この手続きのひとつになります。

 

債務整理には自己破産を含めて4種類の手続きがあり、それぞれに特徴があります。たとえば任意整理と呼ばれる手続きですが、これは話し合いで借金の整理を進めようとするものです。したがって借金の額が少ない場合に多く用いられます。裁判所を通さないため、家族や職場に知られないで済むというメリットがあります。

 

次に特定調停と呼ばれる方法があります。簡易裁判所に調停してもらう方法で費用も安上がりですが、合意に至らなければ不成立となり他の手段を取らなければなりません。借金を整理してもマイホームは手放したくないという人には、個人再生という手続きが用意されています。

 

借金の総額が5000万円以下であり、将来にわたり継続した収入があると認められれば、再生計画案が提示され、その計画案の金額のみ返済すれば残りの債務は免除されます。完全に債務を免除してもらいたいのであれば自己破産の手続きをとることになります。ただしこの自己破産は誰でも利用できるものではありません。免責不許可事由というものがあり、ギャンブルや株式投資、浪費などにより発生したものについては自己破産の手続きを利用することはできないのです。したがってこのような場合は他の手続きを利用せざるをえません。

 

このように債務整理にはその種類によってさまざまな特徴があり、債務者の希望や置かれている状況によっては適しないものも存在します。したがってどの手続きが最適なのかは専門家に判断してもらうことが大切です。