生活保護と借金

トップページ > 生活保護と借金

生活保護と借金の関係について知る

生活に困窮してくるとカードローンなどで融資を受ける方法を考えますが、生活保護を受けている人が借金をすることができるのかという疑問が湧いてきます。事実関係を知るためには、それぞれの内容について知識を持つことが必要になると言えます。

 

借金にも様々な方法がありますが、比較的簡単に利用できるものと言えばキャッシングやカードローンがあります。どちらも借金には変わりありませんが、融資に関する条件には若干の違いがあると言えます。取扱業者が異なりますので融資条件が異なるのは当然のことですが、どの借金においても一つだけ共通しているものがあります。

 

消費者金融でもカードローンでも一定の収入を得ていることが融資の基準となってきます。消費者金融ではアルバイトでも収入とみなされますが、カードローンの場合には正社員としての安定した収入が基本となってくるのです。収入が無ければ融資が受けられないことで気が付くことになりますが、生活保護は何らかの理由によって収入を得ることが困難となっている困窮者を救済することが目的となっています。ですから保護を受けるには収入が無いことが基本条件となってくると言えます。

 

収入が無い訳ですから、カードローンはおろか総量規制によって利用制限がある消費者金融でも融資を受けることはできないと言えるのです。生活保護を受給している人は借金ができないのが通常の審査基準となりますので、逆に融資審査に通る金融業者には注意が必要なのです。